1994(66歳)

タクラマカン砂漠、アルタイ(7月)

「酸素-滋賀」Oxygen,Shiga(鉄、金メッキした酸素ボンベ)滋賀県立美術館永久設置。
左側の鉄板には、以下のようなメッセージが刻まれている。

For the Burnt Vocal Cord
or
One Who regards
His Hometown as a Strange

このメッセージの後半は、サイードが『オリエンタリズム』の中でアウエルバッハから孫引きしたものをさらに柄谷行人が『悲劇と言葉』の中に引用した、「故郷を甘美に思うものは」から引いている。

対話展「松澤宥+村岡三郎<精神と物質>」岡崎球子画廊(東京)
「熱原理Heat Principle '93.12.26 AM9:56~」160×380cm(鉄、板ドローイング、酸素ボンベ)

「村岡三郎新作展 THE SALT-左手を頚動脈に」 KENJI TAKI GALLERY(名古屋)
「THE SALT-左手を頚動脈に」THE SALT-putting left hand on my carotid artery(塩、鉄、ドローイング)

THE SALT-左手を頚動脈に1
THE SALT-左手を頚動脈に2

THE SALT-左手を頚動脈に
(Photo by Hiromu Narita)

「塩-執行」秋山画廊(東京)
「塩-執行」

塩-執行

塩-執行
(Photo by Hiromu Narita)

「戦後日本の前衛美術」横浜美術館(横浜)

「NiCAF YOKOHAMA '94第3回国際コンテンポラリーアートフェア」パシフィコ横浜(横浜)

「シリーズ・ART IN TOKYO No.6 KARADAがARTになるとき[物質になった器官と身体]」板橋区立美術館(板橋、東京)

「関西の美術1950's~1970's-創造者たちのメッセージ-」兵庫県立近代美術館(神戸)

「死にいたる美術-メメント・モリ」栃木県立美術館(栃木)
「咳」 Coughing 67×45cm(ドローイング)
風邪をひいて、黒炭で塗りつぶした上で、消しゴムを手に持ち、咳が出たときの体の振動の痕跡を、ドローイングしたもの。